みんなはどうしてる?アンダーヘアの自己処理とヘアデザイン、最適な形や長さについて

アンダーヘアの自己処理とヘアデザイン、最適な形や長さ

アンダーヘアの処理については友人同士でも話しにくく、みんなどうしているのかわからないことが多いですよね。
このページではアンダーヘアの自己処理方法について紹介いたします。

アンダーヘアを処理する方法は、大きく分けて2つあります

アンダーヘアを処理する方法は大きく分けて2つ。自己処理と脱毛サロンで施術してもらう方法があります。その中でも、自己処理にはカミソリで剃る、電動シェーバーで剃る、ヒートカッターで処理する、ブラジリアンワックスで処理するといった方法があります。

脱毛サロンの場合には、光脱毛を行うことになるでしょう。どちらにもメリットやデメリットがあるのですができるだけリスクの少ない方法で処理したいものです。

カミソリでアンダーヘアを処理

カミソリでアンダーヘアを処理

まずは、カミソリでの処理について見ていきましょう。
カミソリは、自己処理の中ではもっとも手軽で費用のかからない方法です。体用のカミソリは安ければ数百円程度で購入することができますし、いつでも処理できるので便利です。

しかし手軽である反面、肌へのダメージが出やすいというデメリットがあります。カミソリは刃が直接肌に当たってしまいますから、傷がつく可能性もあるのです。肌へのダメージによって、デリケートゾーンの黒ずみやかゆみなどが出る場合もあるので注意が必要でしょう。
すぐに生えてきてしまうのもデメリットのひとつです。

VIOの剃り方、シェービング方法 【関連記事】アンダーヘア(VIO)の剃り方、安全なシェービング方法について

電動シェーバーアンダーヘアを自己処理

電気シェーバーでアンダーヘアを処理

電動シェーバーはカミソリと違い刃が直接肌に当たらないので、肌へのダメージは比較的優しくなっています。価格もそれほど高くなく、安い物なら1,000円台から買うことができるでしょう。

いつでも手軽に処理できるので、急に処理が必要になった際にも安心です。デメリットとしては、深剃りできないことが挙げられます。電動シェーバーは直接刃が当たらないので、カミソリほど深剃りすることはできません。そのため、チクチク感が残るのも気になる点です。

おすすめアンダーヘア用シェーバー5選 【関連記事】シェーバーで自己処理が楽になる!、おすすめアンダーヘア用シェーバー5選

ヒートカッター(トリマー)でアンダーヘアを自己処理

ヒートカッター(トリマー)でアンダーヘアを自己処理

ヒートカッターは、熱を加えてアンダーヘアを焼き切る処理方法です。

ヒートカッターのメリットは、処理後にチクチクしにくいことでしょう。ヒートカッターはカミソリなどとは違い、処理後はムダ毛の先端が丸くなります。そのため、チクチク感が少なく下着や水着から処理したアンダーヘアが突き抜ける心配がありません。肌へ直接当たるわけではないので肌にも優しく、敏感肌の人でも安心して使えるでしょう。

デメリットとしては、ツルツルにすることができないことが挙げられます。ヒートカッターは、あくまでもアンダーヘアの長さを調節するために使うものなので、ムダ毛がない状態にしたい時には使えません。

また、処理に時間がかかるのも気になる点です。ヒートカッターは少量ずつしか処理できないので、すべてを処理しようと思うと1時間程度かかってしまう場合もあります。

おすすめアンダーヘア用シェーバー5選 【関連記事】アンダーヘアをヒートカッターで自己処理! どんなメリット・デメリットが?キレイに処理する方法も

ブラジリアンワックスで自己処理

ブラジリアンワックスでアンダーヘアを自己処理

最後にブラジリアンワックスです。ブラジリアンワックスは、専用のワックスを薄く塗りシートを乗せて剥がすといった処理方法になります。

メリットとしては、すぐにツルツルにできることです。ブラジリアンワックスは、即効性のある処理方法なので温泉やプールの予定が急に入った場合でも安心でしょう。また、日焼けしていたり色素の濃い肌でも問題なく処理することが可能です。はちみつなどを主原料としているので、オーガニックな処理方法なのも良い点でしょう。

デメリットは、効果が持続しないことです。これはどの自己処理方法にも言えるのですが、効果は一時的なものになります。また生えてくるので、処理の手間がかかるのはデメリットでしょう。

また、人によっては痛みを強く感じる場合もあります。ブラジリアンワックスは毛根から引き抜く処理方法ですので、痛みが出やすいのです。
埋もれ毛などのトラブルが起きやすいこともデメリットのひとつになります。

おすすめアンダーヘア用シェーバー5選 【関連記事】レーザー脱毛より手軽で人気のブラジリアンワックスに隠されたリスクとは?

脱毛サロンでの脱毛方法やメリット

脱毛サロンでアンダーヘアを処理する場合には、光脱毛を行います。光脱毛とは、メラニン色素に反応する光を照射することでムダ毛が生えてくるのを抑制するものです。

メラニンに反応するため、日焼けをしている場合には施術できない場合もあります。また、施術の前に剃毛しておく必要があるので気をつけてください。肌への負担をできるだけ抑えるために、電動シェーバーを使って剃毛するといいでしょう。

脱毛サロンのメリットは、肌への負担が軽く済むことでしょう。 カミソリなどとは違い、脱毛サロンでは光脱毛機を使用して、アンダーヘアの脱毛をしていきます。

光脱毛機は基本的に皮膚の中に埋まっている毛根に反応するものなので、肌表面へのダメージが少なく安全に処理することができるのです。
埋もれ毛などが起こる可能性も低いので、美しいVIOラインを作ることが可能です。

ムラなく脱毛できるのもメリットになります。
自己処理の場合にはどうしても処理しきれない部分が出てきたり、デザインがおかしくなったりすることがあります。脱毛サロンなら、プロによる施術なのでしっかりと脱毛することができるのです。アンダーヘアのデザインについても、きちんと話し合って決めることができます。アドバイスを受けながら自分好みのデザインに脱毛できるので、満足度が高いでしょう。

効果が長持ちするのも、サロン脱毛のメリットです。光脱毛は即効性はありませんが、続けることでムダ毛が生えてくるのを抑制したり毛が細くなったりといった効果が期待できます。そのため、自己処理の手間を省くことができますし、長く清潔な状態を保つことができるのです。プロに施術してもらえるので楽なのも良い点になります。基本的には寝転がって施術を受けるだけなので、神経を使うこともありませんし時間の短縮にもつながります。リーズナブルに脱毛できるのもいい点でしょう。

脱毛サロンというと高額といったイメージを持つ人も多いでしょうが、脱毛サロンではさまざまなキャンペーンが展開されていることが多いのです。
初回は格安というところも多いので、効果や痛みの有無を気軽に確認することができますよ。

脱毛に興味があるけれども不安という人も少なくありませんから、まずは試してみたいというニーズに応えられるのは大きなメリットです。

自己処理とサロン、リスクが低いのはどっち?

デリケートゾーンは繊細で、菌などが入る危険性もありますから処理をする場合には、できるだけリスクの低い方法を取りたいものですよね。自己処理とサロンでは、リスクが低いのはサロンでの脱毛になります。自己処理の場合には、どの方法でも一定のリスクがあるのです。

自己処理は効果が長持ちしませんから、どうしても多くの何度も処理する必要が出ます。そうなると、肌へのダメージが大きくなりやすいですし、色素沈着や肌荒れなどの原因になりやすいのです。

一方、サロンでの脱毛なら肌へのダメージを最小限にすることができます。光脱毛は毛根へとダメージを与えるものなので、肌への影響が少ないのです。また、プロによる施術なので安心感が高いのもポイントでしょう。

色素沈着は肌荒れなどのリスクを回避できるという点では、サロンの施術の方が優れています。

VIO脱毛専門サロンプリートのコラムでは、脱毛の基礎知識から意外な常識まで役立つ情報をコラム形式でお届けします。

VIO脱毛サロンプリート代表の藤森暁子
脱毛コラム監修:藤森 暁子 ファンスクウェア株式会社 代表取締役
VIO脱毛専門サロン「プリート」運営、脱毛情報メディア運営。正しいVIOのケア方法を発信しています。
  • 22歳でエステサロンに社員として入社
  • 以後、店長・マネージャー・広告担当・事業部本部長を経験
  • 2017年、事業部独立により代表取締役社長に就任

注目の記事

人気の記事