【妊娠中の脱毛は大丈夫?】脱毛による影響と適切な対応について

妊娠中の脱毛について

妊娠中に脱毛って、何となく良くなさそう~とは思うけど
でもマタニティフォトだったり、病院だったり…ケアしておきた~い!ってなることも多そう
基本的には妊娠中の場合、安静第一だから軽率にケアを推奨はできないわ
でも『どうしても…!』という女性も多く居ると思うの
そんな妊娠中の女性たちのアンダーケア処理事情とサロン側からのアンサーについてまとめたわ。
妊娠中の女性もそうでない女性も、大事なことなので知っておいてね
いつ私も当事者になるかもわからないし!お姉ちゃんにもアドバイスしてあげたいなぁ

脱毛中に妊娠がわかった場合、脱毛を続けることに問題はないのでしょうか? 妊娠と胎児への影響や、妊娠中の脱毛ケアと、その対応について解説いたします。

妊娠しても脱毛できる?

脱毛による胎児への影響はありません

妊娠すると、女性の体にはさまざまな変化が表れます。
身体面では、熱っぽい、なんとなくだるい、匂いに敏感になり吐き気がするといった症状や、妊娠後期に入ってお腹が大きく張りだすようになれば、腰や背が痛んでくることが多いです。

また、肌が乾燥して荒れやすくなる、ニキビやシミ・そばかすができやすくなるといった美容面での変化も現れ、体毛が濃くなることも多いです。
妊娠初期で、自分でも妊娠に気づかずに脱毛をしてしまうこともございますが、基本的に、脱毛サロンでの施術により、子宮や胎児に影響を及ぼすことはありません。

なぜなら、サロンで行う光脱毛は、黒色に反応する特殊な光がメラニン色素を多く含む毛根に照射して熱を発生させ、毛根組織に働きかける方法だからです。
身体の器官に影響を与えることはございませんのでご心配ください。

妊娠中の脱毛はお断りしております

妊娠すると施術を断ることが一般的ではありますが、施術自体がお腹の赤ちゃんや母体に悪影響を及ぼすことはありません。では、何故できないのか?その理由を解説いたします。

乾燥により肌バリア機能が低下して荒れやすくなる

妊娠中は肌が乾燥しやすくなり敏感な状態になっているため施術中に痛みを感じやすくなります。
乾燥した肌はバリア機能が低下して荒れやすいため、これまでは問題がなかった人でも施術後に赤みや痒みがひどくなる可能性がございます。

長い時間、同じ体勢を取らなくてははいけない

施術中は同じ体勢を長い時間保つ必要があります。
一定の姿勢を保ち続けると筋肉が強張って血行が悪くなり、妊婦の身体には負担となります。
さらに、妊娠中はホルモンバランスが乱れますので、その影響でいったん脱毛したところにまたムダ毛が生えてくることがあります。

毛周期も乱れやすく、効果的に施術ができません。そのため、無理をして施術をしてもあまり意味がないことがございます。これらの理由により妊娠されている方の施術はお断りしております。

ムダ毛を自己処理することもなるべく止めた方がよろしいです

自己処理も「肌が荒れやすい」「同じ体勢をしなくてはいけない」という理由でなるべく止めた方がよろしいです。

どうしてもムダ毛が気になり自己処理する場合は、カミソリや毛抜き、ワックスなどではなく、電気シェーバーを使いましょう。
なぜなら、電気シェーバー以外の方法での自己処理は、肌にかける負担が大きいからです。

カミソリで剃ると肌が削れて荒れやすくなりますし、毛抜きは毛穴への負担が大きく、黒ずみを招きます。
埋没毛ができる可能性も高いでしょう。
ワックスは肌にも毛穴にも負担が大きく、肌荒れを起こす可能性が高いです。
肌が敏感になっている妊娠中は、特に避けた方が良いです。
なお、自己処理をした後は保湿ジェルやローションを使って入念に保湿ケアをしておきましょう。

2つの女性ホルモンにより、体毛が濃くなることがあります

つわりほどには知られていませんが、妊娠すると起こりやすい症状の1つに体毛が濃くなることがあります。

これまで生えていた足や腕のムダ毛が妊娠前より濃くなる、というだけではありません。下腹部などの今まで生えていなかった部位にまで、濃く太い毛が生えてくることがあります。これは、女性ホルモンの作用により起こります。

妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌量が増えます。エストロゲンは妊娠に備え子宮内膜を厚くしたり、女性らしい体型にしたりするホルモンになり、プロゲステロンは妊婦の身体を守る働きをします。

妊娠中にシミやそばかすが増えるのは、プロゲステロンが身体を守るためにメラニン色素を過剰に生成するためです。
それと同様に、大切な身体を守ろうとして、体毛が増えてさらに毛も太くなります。

ただし、妊娠中に太く濃くなったムダ毛はずっとそのままではありませんので、産後にはゆるやかに元の状態に戻っていきます。あまりご心配なさらないでください。

一生の思い出にマタニティフォトはいかがでしょうか

妊娠は、女性のお腹のなかで新たな命が育っている神秘的な状態です。この状態を残しておきたいと、妊娠中の姿を写真に撮るマタニティフォトをされる方が増えています。妊娠の象徴ともいえるお腹のふくらみがわかるポーズで撮影することが一般的です。その他にも、ゆったりしたマタニティウエアやビスチェとロングスカートの組み合わせなどにして、お腹が見えるスタイルで撮る女性も多いです。

マタニティフォトは一生の思い出ですので、綺麗に撮りたいものです。妊娠中に、頻繁にムダ毛を処理することは避けるべきですが、マタニティフォトの撮影のときくらいは、肌の負担が低い電気シェーバーがおすすめです。

マタニティフォトでは、大きなお腹の上下にそっと手を添えるポーズが定番で、アップで撮る時もあります。

お腹はもちろん、指のムダ毛もケアしておくと良いでしょう。お腹が張りだしていてご自身では下腹部をよく見ることができませんので、無理せず旦那さんなどに手伝ってもらってください。

脱毛を再開するなら安心安全なドクターサポートのあるサロンで

妊娠した時点で、すでに脱毛サロンで契約しておりましたら、サロンにご相談しましょう。
多くのサロンで、妊娠したときは一時休会できるようになっていますが、休会期間はサロンによってバラバラですので、あらかじめ確認する必要があります。

プリートは、出産による休会は最長で1年間ございます。

妊娠した場合は施術ができませんので、1年間の休会でますのでご案内ください。
プリートは他サロンに先駆けて、2002年から医療機関と提携したドクターサポートを実施しております。
万が一何らかのトラブルが起こったときは速やかに医師の判断や指示を仰げる体制が整っています。
施術スタッフは医師による研修を受けており、お客様の状況を確認して不安なくご利用いただけるように心がけています。産後の女性も安心して施術を受けていただております。

おすすめアンダーヘア用シェーバー5選 【関連記事】妊活のために、将来のためにやっておきたい「妊活脱毛」について

VIO脱毛専門サロンプリートのコラムでは、脱毛の基礎知識から意外な常識まで役立つ情報をコラム形式でお届けします。

VIO脱毛サロンプリート代表の藤森暁子
脱毛コラム監修:藤森 暁子 ファンスクウェア株式会社 代表取締役
VIO脱毛専門サロン「プリート」運営、脱毛情報メディア運営。正しいVIOのケア方法を発信しています。
  • 22歳でエステサロンに社員として入社
  • 以後、店長・マネージャー・広告担当・事業部本部長を経験
  • 2017年、事業部独立により代表取締役社長に就任

注目の記事

人気の記事