妊活のために、将来のためにやっておきたい「妊活脱毛」について

妊活脱毛について

妊娠を意識している女性の間では、妊活脱毛が1つのトレンドになっています。サロンを利用して、妊活脱毛を受ける女性も増えているようです。その詳細について、ここでまとめてみました。

妊活女子たちからの人気の「妊活脱毛」って

妊活女子たちからの人気の「妊活脱毛」って

話題の妊活脱毛は、VIOの部分を対象にした脱毛です。サロンでは、女性のデリケートゾーンであるVIOの施術プランを用意するケースが増えています。ちなみに、Vラインは骨盤から太ももの上にかけての部分です。Iラインは股の間から太ももの付け根、Oラインは肛門の周りの部分を一般的には指します。こういった部分は粘膜に近いため、自分で脱毛をおこなうのは少し難しいかもしれません。サロンを利用すると、プロの手でキレイにケアをしてもらえます。。

VIOの脱毛の目的

VIO脱毛の範囲は?

VIOの脱毛の目的(1)美容上の目的

VIOの脱毛をする方に多いのが、美容上の理由で施術を受けるケースです。Tバッグやタンガなどのオシャレなランジェリーを身に付けたり、水着でレジャーを楽しんだりする際に、VIOラインのムダ毛を気にする方は少なくありません。サロンのVIOのプランを利用してケアをしておけば、自信を持って下着や水着が着こなせます。

VIOの脱毛の目的(2)衛生的な目的

衛生的な目的でVIOの脱毛を受ける女性も増えています。VIOを脱毛すると、デリケートゾーンのムレが防げたり、生理中の不快感が減ったりする場合があります。かゆみやかぶれなどの肌トラブルを防ぐ効果も期待できるため、年齢を問わずVIOの脱毛を受ける人が見られるようになっている状況です。

妊活脱毛は妊娠中・出産後のデリケートゾーンケアに備える脱毛

妊活脱毛は妊娠中・出産後のデリケートゾーンケアに備える脱毛

VIOを対象にした妊活脱毛は、「妊娠に備えること」が目的です。この脱毛は、妊娠中や出産のとき、産後の時期のメリットを考えたうえでおこなうのが、大きな特徴になっています。さまざまなメリットがある妊活脱毛は、妊娠や出産を快適に乗り切るためのアプローチと考えられています。

妊活脱毛のメリット1「妊娠中の衛生管理がしやすくなる」

妊活脱毛は妊娠中の衛生管理がしやすくなる

妊活脱毛のメリットの1つは、妊娠中の衛生管理がしやすくなることです。毛がなくなることで、デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなる点は、妊活脱毛の大きなメリットです。

妊娠中はデリケートゾーンのトラブルが起こりやすい

妊娠中は、ホルモンバランスなどの影響でデリケートゾーンの肌トラブルを起こしやすくなります。体調が悪くて思うように入浴できない日があったり、おなかの調子が悪かったりすると、デリケートゾーンに不快感を覚えることがあるかもしれません。毛を取り除く妊活脱毛には雑菌の繁殖を防ぐ効果なども期待できるため、デリケートゾーンの肌トラブルが減る可能性があります。。

精神的なストレスを減らす効果も期待できる

肌トラブルによるかゆみや腫れなどは、精神的なストレスにもなりかねません。ホルモンバランスが崩れる妊娠中は、ただでさえこころや身体が不安定になりがちです。デリケートゾーンの不快感や肌トラブルを減らせば、出産までの時期を快適に過ごせる可能性がでてくるでしょう。

妊活脱毛のメリット2「診察や出産への備えになる」

婚活脱毛は診察や出産の助けになります

妊活脱毛は、分娩台で診察を受けたり出産したりするときの備えにもなります。妊娠から出産までの間は産婦人科に定期的に通いますので、その必要性を感じる女性も多いようです。とくにVIOの毛量が多く、コンプレックスに感じている方は下半身を見せるのに抵抗を感じる方も多くいらっしゃいます。妊活脱毛でVIOのムダ毛を処理するだけでもかなりラクになりますよ。

エチケットを気にする女性の不安や心配を減らしてくれる

VIOをケアする妊活脱毛は、エチケットを気にする女性にとってもメリットがあります。妊娠している女性は、定期健診や出産の際に分娩台に乗ることが増えてきます。このようなときに、デリケートゾーンのムダ毛やにおいなどを気にする女性も多いです。妊活脱毛をしておくと、見た目はもちろん、においなどもさほど気にせずに済むようになるかもしれません。

母子感染の予防にもつながる

出産のときの母子感染を防ぐ効果が期待できるのも、妊活脱毛のメリットです。自然分娩をする場合には、出産時の産道感染にも注意をする必要があります。事前に妊活脱毛をおこなっておく方法は、感染症のリスクを減らす効果も期待できるでしょう。

妊活脱毛のメリット3「出産後の不快感を減らし快適な子育てライフを」

妊活脱毛は妊娠中・出産後のデリケートゾーンケアに備える脱毛

妊活脱毛は、出産した後の不快感を軽くしてくれる可能性もあります。出産後は、赤ちゃんの世話などで忙しくなることが多いですが、事前に脱毛をしていれば、デリケートゾーンのトラブルやケアの手間を抑えストレスを減らせます。

産後はデリケートゾーンがストレスにさらされがち

出産をしてからしばらくの間は、出血やおりものなどでデリケートゾーンが肌ストレスにさらされがちです。肌は出産後も敏感になっているため、雑菌の繁殖などをできるだけ防ぐのがトラブルを減らすコツになってきます。VIOを妊活脱毛していれば、デリケートゾーンのトラブルや不快感が軽くなる可能性があります。

傷口の管理にも気を配る必要がある

出産の際にできた傷が管理しやすくなるのも、妊活脱毛のメリットと言えます。出産のときに切開などをした場合は、皮膚が回復するまで少し時間がかかります。脱毛をすることで雑菌が繁殖するリスクが減れば、感染や肌トラブルが防げるかもしれません。

こんな時は気を付けて!妊活脱毛の注意点

カミソリでアンダーヘアを処理

妊娠中は脱毛できません

妊娠中は、体内のホルモンバランスが変化し肌が敏感になっています。その状態で脱毛すると肌トラブルや体調の変化が起こりやすくなるためです。これはどの医療機関やサロンでも同じように定められているようです。 プリートでは妊娠が分かった場合、契約期間を延長可能ですのでご申告ください。

脱毛自体は胎児・母体に影響はありません

妊娠中は脱毛ができない、と聞いて心配される方もいらっしゃいますが心配はいりません。
脱毛はあくまで肌表面への施術となりますので、妊娠が判明する前に脱毛を行ったとしても胎児や母体に影響はございません。 ただし、ホルモンバランスの変化や肌トラブル防止の観点から脱毛施術は一時ストップしていただいております。

妊活脱毛のまとめ

妊娠中は脱毛ができなくなってしまうため、「妊活脱毛」は妊娠前に計画的に実施されるのがおすすめです。 妊活と並行しながら早めの段階でスタートされることをオススメいたします。

妊活脱毛で人気の「ブリート」はVIO脱毛の専門店「プリート」は、妊活脱毛を希望される方からも人気のサロンです。当店はVIOの脱毛専門店として、18年の実績があります。美肌や美白ケアにも力を入れており、デリケートゾーンの黒ずみや毛穴の問題にもアプローチができるのが強みです。自然な仕上がりの妊活脱毛を希望される方は、ぜひ当店をご利用ください。

おすすめアンダーヘア用シェーバー5選 【関連記事】【妊娠中の脱毛は大丈夫?】脱毛による影響と適切な対応について

脱毛の知識(脱毛コラム)について

VIO脱毛専門サロンプリートの脱毛コラムでは、脱毛に関する基礎的な知識から意外な常識まで役立つ情報をコラム形式でお届けします。

VIO脱毛の専門サロンプリート代表の藤森暁子
脱毛コラム監修:藤森 暁子 ファンスクウェア株式会社 代表取締役
VIO脱毛専門サロン「プリート」運営、脱毛情報メディア運営。正しいVIOのケア方法を発信しています。
  • 22歳で脱毛サロンに社員として入社
  • 以後、店長・マネージャー・広告担当・事業部本部長を経験
  • 2017年、事業部独立により代表取締役社長に就任

注目の記事

人気の記事

開催中のキャンペーン

店舗一覧

プリートは東京・首都圏5店舗を展開中

店舗一覧はこちらへ

その他のお知らせ

エステ求人