VIOラインの粘膜のどこまで脱毛できるの?

VIOは女性にとってとてもデリケートでセンシティブな部分です。
VIOの脱毛をする場合、性器や肛門周辺など粘膜の部分まで脱毛できるのでしょうか?
このページでVIO脱毛の仕組みと粘膜のケアについて説明いたします。

粘膜まで脱毛できるの?

まずはVIO脱毛とはどの部分の施術かのご説明

VIO脱毛はVラインとIライン、Oラインの脱毛の事を指しますが、それぞれが具体的にどの範囲になるのか説明いたします。

Vラインは脚の付け根にそったラインの事で、脱毛する事で下着や水着からムダ毛がはみ出る心配が無くなります。

Iラインは陰部や粘膜に近い部分で、湿度が高く蒸れやすい場所です。 臭いや肌荒れの原因にもなりますが、Iラインを処理する事でデリケートゾーンの不快感を抑えられます。

Oラインは肛門のまわりで、自分ではどの程度ムダ毛が生えているかわかりにくい部分です。 自分からは見えない部分ですが、排泄時に汚れが付着する事が無くなるので、衛生状態も良くなるメリットがございます。

ひとえにVIO脱毛といっても、それぞれの定義によって処理する範囲が微妙に違っています。
そして人によってもムダ毛の濃さや気になる部位も異なります。ご自身のアンダーヘア状況とカウンセリングにて施術の脱毛範囲が合っているかの、ご確認が必要で最終的にどのような仕上がりになるのかの確認はさせていただております。また見えない部分にどれぐらいの毛が生えているのかも、手鏡などで確認していただき、脱毛すべき場所はしっかり施術を受けるようにしております。

VIOラインの粘膜まで脱毛できるのでしょうか?

VIO脱毛はそれぞれの定義によって認識が違います、それはデリケートゾーンが皮膚だけではなく粘膜部分も含まれるからです。ちなみに粘膜部分とはIラインの内側の湿っている部分をさします。
本来なら皮膚に生えている部分と一緒にまとめて脱毛したいところですが、たいへん申し訳ございませんが、プリートでは粘膜の脱毛はおすすめしておりません。 プリートで採用されている光脱毛は、メラニン色素に反応して毛根にダメージを与え脱毛を促す仕組みになっていますが、粘膜は皮膚が薄く、さらにシミなどがあると火傷をする可能性が、少なからずあるからです。

本来ですが、粘膜の脱毛をするのはおすすめできることはございません。一部のクリニックでは粘膜部分の脱毛も可能ですが、自己責任でのご判断が必要です。また粘膜の脱毛は皮膚よりも痛みが強くなることもございます。

プリ―トなら粘膜ギリギリまで脱毛が可能

プリ―トはvio脱毛サロンとして、長年の経験と高い技術を誇っています。厳しい社員研修制度、徹底した衛生管理、そしてお客様の声を第一にサービスを提供しています。プリ―トの最大の特徴は、ボクサーパンツの範囲で隅々まで脱毛ができるという点です。Vライン・Iライン・Oラインはもちろんの事、 太もも上部となるアウトVラインの脱毛が可能なのは、他のサロンを見渡してもプリ―トだけです。この業界最大クラスの広範囲の脱毛が、お客様から高い支持を得ている理由でもあります。

そしてプリートではIラインの粘膜ギリギリまで脱毛が可能となっています。スタッフの高い技術により、他サロンでは難しい粘膜に近い部分まで照射できるので、中途半端に毛が残る事なく綺麗に処理出来ます。またIラインギリギリまで照射する事は、内側の黒ずみを防ぐ効果も期待出来ます。万全を期して施術を行っているので、安心して施術が受けられるサロンですが、プリ―トは何かトラブルが起こった時にすぐ対処できるよう、ドクターサポートシステムを導入しています。医師と連携をとって施術を行っているため、万が一の時も安心できる脱毛サロンですので、ぜひ、お気軽にご相談や無料カウンセリングをお待ちしております。

脱毛の知識(脱毛コラム)について

VIO脱毛専門サロンプリートの脱毛コラムでは、脱毛に関する基礎的な知識から意外な常識まで役立つ情報をコラム形式でお届けします。

VIO脱毛の専門サロンプリート代表の藤森暁子
脱毛コラム監修:藤森 暁子 ファンスクウェア株式会社 代表取締役
VIO脱毛専門サロン「プリート」運営、脱毛情報メディア運営。正しいVIOのケア方法を発信しています。
  • 22歳で脱毛サロンに社員として入社
  • 以後、店長・マネージャー・広告担当・事業部本部長を経験
  • 2017年、事業部独立により代表取締役社長に就任

人気の記事

開催中のキャンペーン

店舗一覧

プリートは東京・首都圏5店舗を展開中

店舗一覧はこちらへ

その他のお知らせ

エステ求人