陰毛(アンダーヘア)に白髪が!その原因と解消方法!

陰毛・アンダーヘアが白髪に!原因と対策

このページでは陰毛(アンダーヘア)が白髪になる原因と対策について解説します。

とうとう私も陰毛に白髪が!

白髪は頭髪だけでなく様々な場所に生えてきます。
まだまだ白髪とは無縁だと思っていても、入浴中のアンダーヘアにキラッと光るものを発見。 こんな所に白髪が生えると思っていなかっただけに、見つけた時のショックは大きいことでしょう。 こんな陰毛の白髪は見つけ次第、すぐに処理したいところですが、処理の仕方を間違えると余計に白髪が増えたり肌トラブルを引き起こす引き金になったりすることもあります。陰毛の白髪は、きちんとした対処を行うことが大切です。

陰毛が白髪になる仕組みについて~それぞれの原因~

どの様な原因で陰毛は白髪になってしまうのでしょうか? 陰毛が白髪になる仕組みは基本的には頭髪が白髪になるのと同じ仕組みになります。

髪の毛がが黒くなるのはメラニン色素の働きによるものです。 元々毛は白い色の状態で作られますが、毛を生み出す毛母細胞にメラニン色素の成分を受け渡すことで毛に色がつきます。 このメラニン色素が何らかの理由で正常に働かなくなることで、毛髪は色を失い「白髪」になってしまいます。

メラニン色素の働きが正常でなくなるのにはどのようが原因があるのでしょうか?

老化による原因

白髪になる理由の中でも最も大きい原因は老化です。
誰もが年を重ねてくるとメラニンの機能が弱まり白髪が増えてしまいます。 ただし、年をとっても白髪になりやすい人や、なりにくい人というのもいます。 一般的に、陰毛の白髪は40歳代になってから生えてくることが多いですが、早い人は10代~20代の若いころに陰毛に白髪が生えてくることもあります。 髪や体毛は遺伝的要因が大きいと言われており、20~30代で白髪が多い場合は加齢だけでなく遺伝的に白髪になりやすい体質である可能性が高くなります。

ストレス

昔から「苦労すると白髪が増える」とよく表現されてきましたがあながち間違いではないようです。白髪の要因は加齢だけではなく心労やストレスも大きく関係しています。 メラニン色素を作っているメラノサイトは人間の神経細胞から分化したものなので、精神的な影響を受けることにより 血管は拡張したり収縮したり複雑に変動してしまいます。また、過度なストレスは活性酸素を増やすだけでなく、血行不良も引き起こしてしまいます。血液量が不足してしまうとメラノサイトの細胞まで十分な栄養が届かなくなり、髪の毛に色がつかなくなってしまうのです。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れも白髪ができる原因になります。
運動不足は血行不良の原因になり、血が隅々まで巡らないのでメラノサイトが正常に動かなくなってしまうのです。 睡眠不足も人の体に大きな負荷とストレスをかけ血管を収縮させてしまい白髪の原因になります。 このように、ストレスがたまっていたり、不規則な生活を繰り返したりすると、色素細胞に悪影響を与えることになってしまいます。

栄養不足

毎日コンビニの弁当を食べたり栄養のバランスが偏ったりしていると、メラノサイトも栄養不足になり色素を作ることができなくなってしまいます。 メラノサイトは血液から栄養を受け取って活動しており、色素生成には栄養が必要になります。 過度な食事制限やダイエットは、毛を作るのに必要な成分が摂取しづらいので、白髪ができるリスクが高まる原因となります。 メラニン色素を活性化させるには、食事から栄養をしっかりと摂取することが大切です。 毛を黒くするメラニン色素の生成には、「チロシン」が不可欠。 チロシンはたんぱく質の中のアミノ酸の一種で、魚や大豆、チーズなどから摂取することができます。

陰毛の白髪はどうする

では、生えてしまった陰毛の白髪はどうしたらよいのでしょうか

白髪を見つけても抜かないで!。

陰毛の白髪は無理に抜かない方が良いです。
白髪はメラニン色素を作る働きが衰えて発生するものなので、抜いても次に生えてくる毛が黒くなることはありません、アンダーヘアの毛は太くしっかりしているため、抜いた時に毛穴が持ち上がり開いてしまいます。アンダーヘアーはデリケートな部分なので、白髪を抜いて処理すると炎症を起こしやすく、毛嚢炎や埋没毛になるなど、肌トラブルのリスクも大きくなります。 また、白髪を抜いてしまうと毛を作っている毛母細胞に大きなダメージを与え、抜いた毛の周辺の毛まで白髪になってしまうとも言われています。 陰毛の白髪は抜いて処理しないようにしましょう。

数本ならハサミでカットして目立たないように

肌に負担をかけず安全に処理をするならば、陰毛に生えた白髪はハサミで短くカットしてしまいましょう。 眉毛用の小さなハサミや鼻毛用の先が丸まったハサミを使えば、根元からカットしやすく、刃先が肌に当たって怪我をしたり周辺の余分な毛まで切ってしまう心配がありません。
見えづらいIラインやOラインに白髪を見つけた場合には、手鏡などを使って見ながらカットすることでキレイに処理することができます。 白髪の数が数本ならば、ハサミで手っ取り早く処理し、目立たないようにしましょう。

アンダーヘアの白髪をカットするのにおすすめのハサミ

アンダーヘア専用のハサミではありませんが、陰毛に生えた白髪をカットするのにおススメのハサミを紹介します。

関孫六 薄刃セーフティハサミ

刃が薄く根本からカットしやすい鼻毛用ハサミ。毛先が丸いのでアンダーヘアをカットする際にも安全に利用できます。キャップ付き。

genyin 眉用はさみ 鼻毛はさみ ステンレス製 2本セット

シンプルなデザインな眉毛用ハサミと鼻毛用ハサミの2本セット、鼻毛用は刃先が丸くなったラウンドデザインのため刃が肌に当たらず安全にカットできます。2本同時に収納できる専用ケース付き

市販の白髪染めは使える?

市販されている白髪染めは頭髪を染めるために開発された白髪染めです。
商品によっては髪と頭皮に優しい成分を使用している、等のキャッチコピーが使用さているば商品もありますが、元々頭髪と頭皮への使用を前提にした商品ですのでアンダーヘアへの使用はできません。
陰毛のあるVIO周辺は肌がデリケートなため、万が一使用した場合、性器の粘膜まで痒みが痛みが出るなど思わぬトラブルに見舞われることもあります。肌トラブルを避けるためには、用法はしっかりと守らなければなりません。

ストレスを貯めない・血流を改善することが大切

陰毛の白髪の原因は、ストレスや生活習慣の乱れによる血行不良です。
短期間に白髪が増えてしまった場合は、苦労が原因かもしれません。 しっかりとストレス発散、リフレッシュすることが必要になってきます。 自分なりのストレス発散方法を見つけたり、睡眠不足や運動不足を解消したりして、血流を改善してみましょう。 ストレスをためないで血流を良くすることが、陰毛の白髪を増やさないために大切です。

白髪は増えないうちに脱毛するのがオススメ

陰毛(アンダーヘア)の白髪対策でお薦めできるのはハサミで根本から切る、という対策となりますが、今は数本しかない白髪ですが、今後増えてきたらどうしたらよいのでしょうか?

サロンで脱毛してしまうのがベスト

陰毛の白髪対策でもっともお薦めできるのは白髪になってしまう前にサロンでアンダーヘアを脱毛して整えておく、ということです。

サロンでの脱毛は毛根が白くなってしまうと効果がなくなるのでその前に脱毛するのが得策です。 脱毛を検討している方は、白髪ができる前に施術することが大切です。 脱毛は、白など薄い色には反応しないため、脱毛することができなくなってしまいます。

白髪でも脱毛できるのは、痛みが特に強いニードル脱毛(電気脱毛)と呼ばれる脱毛方法だけです。 ハサミで切ったり、抜いたりするだけでは、陰毛の白髪を根本的に解決することはできません。 脱毛を考えている方は、白髪が増える前に早めの施術をオススメしています。

白髪対策以外にも日常生活がグッと楽になります

一本生えているだけでもショックなアンダーヘアの白髪。 脱毛すれば立派な白髪対策になりますが、脱毛のメリットはそれだけではありません。 脱毛すれば定期的なムダ毛の自己処理から解放されるだけでなく、不安からも解き放たれることができます。

vio脱毛は衛生対策にもなります。

脱毛することで、蒸れや嫌なにおいがなくなり、生理の際にアンダーヘアに経血が絡むこともなくなります。脱毛することで肌質も改善され、肌がすべすべになり、黒ずみやたるみがなくなります。脱毛は白髪対策になるだけでなく、日常生活を快適にしてくれます。

介護脱毛の必要性が広まりミドル・シニア世代に人気

老後に介護されることに備えて、ミドル・シニア世代の脱毛を行う女性が増えています。介護を受けるときにアンダーヘアが長いと排泄時に不衛生になるだけでなく、様々な肌トラブルを引き起こす可能性があるので、介護を受ける前に事前に脱毛をしてそなえるのです。
「少しでもアンダーヘアを清潔に」「相手に不快感を与えないように」と、介護を受ける前の衛生面やエチケットとしてvio脱毛は注目されています。 ※関連記事>>>最近耳にする「介護脱毛」とは?ミドル・シニア世代にとってアンダーヘア脱毛は恥ずかしい?

プリートは介護脱毛を推進しています

プリートは日本で初めてのvio脱毛専門サロンです。
多くの女性が「白髪になる前に脱毛したい」と相談に訪れています。 脱毛したくても今更他人にアンダーヘアや下半身を見せるのには抵抗がある!と思われる気持ちにも十分配慮しております。脱毛時は紙パンツを着用していただき、身体にはタオルを掛けた状態で脱毛施術をおこないます。脱毛箇所を少しずつ紙パンツをずらしながら脱毛していきますので陰部が露出してしまうことはありません。

【コラム6】最近耳にする「介護脱毛」とは?ミドル・シニア世代にとってアンダーヘア脱毛は恥ずかしい?

プリートはVIO脱毛の専門サロン

陰毛(アンダーヘア)の脱毛は陰毛は身体の中で最も毛量が多く毛が太いことと、身体の構造上、カーブが多く最も脱毛技術が必要な箇所となります。プリートはアンダーヘア脱毛専門のトレーニングを受けたスタッフだけが施術にあたりますので安心してご利用いただけます。

5,000円で体験コースをご用意しております

脱毛未経験の方におススメなのが5,000円で体験できるコースです。
施術内容はVIOの広範囲脱毛とデリケートゾーン専用の美白パックが付いたプレミアム脱毛コースと同様ですのでサロンの雰囲気だけでなく脱毛の効果もしっかりと実感いただけます。 ご利用はお一人様1回限りとなっていますので少しでも気になる方はぜひご利用を検討ください。無料カウンセリングも受け付けていますので陰毛の白髪や脱毛の悩みがある場合も気軽にご相談ください。

脱毛の知識(脱毛コラム)について

VIO脱毛専門サロンプリートの脱毛コラムでは、脱毛に関する基礎的な知識から意外な常識まで役立つ情報をコラム形式でお届けします。

VIO脱毛の専門サロンプリート代表の藤森暁子
脱毛コラム監修:藤森 暁子 ファンスクウェア株式会社 代表取締役
VIO脱毛専門サロン「プリート」運営、脱毛情報メディア運営。正しいVIOのケア方法を発信しています。
  • 22歳で脱毛サロンに社員として入社
  • 以後、店長・マネージャー・広告担当・事業部本部長を経験
  • 2017年、事業部独立により代表取締役社長に就任

関連記事

【コラム6】最近耳にする「介護脱毛」とは?ミドル・シニア世代にとってアンダーヘア脱毛は恥ずかしい?

人気の記事

開催中のキャンペーン

店舗一覧

プリートは東京・首都圏5店舗を展開中

店舗一覧はこちらへ

その他のお知らせ

エステ求人