【シェーバーで自己処理が楽になる!?】おすすめアンダーヘア用シェーバー5選

おすすめのアンダーヘア用シェーバー(カミソリ)

ムダ毛の自己処理で最も手軽なのは、カミソリの利用かと思います。
お風呂場にカミソリやシェーバーが置いてあり、入浴時に腕や脚のムダ毛と一緒にアンダーヘアも自己処理する、という方が多いのではないでしょうか?

また、ドラッグストアやコンビニで手軽に購入できるのも魅力です。
一方、剃った部分がすぐにチクチクしてしまったり、うっかり肌を傷つけて肌トラブルにつながる危険性もあります。
特にVIOを含むデリケートゾーンのムダ毛をシェーバーで処理する場合は出血してしまったり、深刻な肌トラブルに繋がる危険性もあります。

このページでは数あるカミソリ・シェーバーの中からアンダーヘア(VIO)に適したシェーバーを紹介いたします。

カミソリでの処理に不満を感じたら「シェーバー」を検討してみよう

ドラッグストアなどで気軽に買うことができ、値段も安く使い方も比較的簡単、とカミソリには多くのメリットがあり、多くの人に支持されているのも納得できるところです。

ただその反面「仕上がりがあまり美しくない」「デリケートな部分に刃を当てるのが怖い」「カミソリ負けや黒ずみなどの肌トラブルが起きてしまう」といったデメリットがあるのも見逃せません。

これらの問題点は特にデリケートなVIOゾーンで顕著です。
では、こうした問題をクリアして安心・安全にアンダーヘアの処理をするにはどうしたらよいのでしょうか。
ここでぜひ検討してみたいのが「電気シェーバー」を使用することです。

手軽で安全・意外と安い?シェーバーにはメリットがいっぱい!

シェーバーの一番のメリットは、慣れない人でも比較的簡単に安全なムダ毛処理ができるということです。
カミソリの場合は、刃の当て方・力の入れ方一つで肌に負担がかかったり肌を傷つけてしまうことがあります。
シェーバーの場合はこうした点も考慮し、刃が直接肌に当たらないようにしたり、ヘッドの滑りを良くしたりして初めて使う人でも安全に剃れるような工夫がされています。

安全であること、肌への負担が少ないことは、全身の肌の中でも特にデリケートなVIOゾーンを処理するときにはとても大切な点です。
そうした意味でも、特にVIOに関してはカミソリよりもシェーバーの方がおすすめといえます。
一方、デメリットとしては普通のカミソリに比べて少しお金がかかる点が挙げられます。とはいえ、小型の乾電池式のものなら1,000円台から2,000円台の機種も多く出回っており、繰り返し使えることを考えればそれほど大きな負担とはならないでしょう。
小型であってもパワーは十分なものも多く出ており、太く濃い毛の多いアンダーヘアの処理にもしっかり活躍します。

メンテナンスも水でさっと洗い流すだけ、あるいは拭き取るだけととても簡単です。

アンダーヘアの処理に向いているのはこれ!おすすめシェーバー5種

ここでアンダーヘアの処理に最適な5つのシェーバーをご紹介します。すべて乾電池式なので充電の手間がなく、長いコードに煩わされることもありません。

「クアトロ4フォーウーマントリムスタイルホルダー」

男性用髭剃りでおなじみ「シック」から出ている女性用シェーバーです。 見た目はまるでT字カミソリのようですがれっきとした電動シェーバーで、ドラッグストアで買うことができます。 トリマー機能がついていていて、長さは4段階に調節することが可能です。 毛を好きな長さにカットできるので、つるつるにはしたくない・好みの形に仕上げたいといったアンダーヘアーならではの希望にも応えることができます。 一方、つるつるにしたいときにはシェービング機能を使えば4枚刃でスッキリ剃毛。 セーフティーワイヤー付きで刃が直接肌に当たらないので安心です。

「シルク・エピルレディースシェーバー」

こちらも世界的な髭剃りメーカーである「ブラウン」の製品です。 ヘッドが肌の凹凸に合わせて上下に動くので、どんな部位でも剃りやすいのが特徴です。肌を伸ばしながら剃る「ソフトストリップ機能」がついており、毛を立ちあげながら剃るので根元からスッキリ処理できます。 肌当たりが優しいので、デリケートなビキニラインのお手入れにも最適です。本体のスイッチでトリミングへの切り替えも簡単、また各種アタッチメントで全身のお手入れも可能とマルチに利用でき、お得感のあるシェーバーです。

「ヴィートセンシティブタッチ電動ビューティートリマー」

除毛クリームでおなじみの「ヴィート」から出ているのは、アタッチメントの付け替えで眉とビキニラインの両方がケアできるスグレモノです。トリマーヘッドとコームを組み合わせ、4段階のトリミングが可能。刃が直接肌に触れないので敏感肌の人も安心して使えます。小型で持ち歩きやすく旅行にも最適ですが、音が少々大きめなので注意しましょう。

「フェリエ ボディ用 ES-WR50」

美容家電で人気のパナソニックのシェーバーは、ポーチにもさりげなく収納できるスリムなI字型ですが、華奢な見た目に反して剛毛もスイスイ処理できるハイパワー。 スイングヘッドが肌に密着し、厚さ0.12mmの薄刃が毛を根元からカットします。 刃先が丸いので肌に優しい剃り心地です。 石鹸やローション不要で乾いた肌に使えますが、水洗いできないので注意が必要です。

「ラヴィア iラインシェーバー」

この中では唯一のI・Oラインにも使えるシェーバーです。カーブした長めのグリップは持ちやすく、T字型の小型ヘッドは小回りがきいて剃りにくい部分もスムーズに処理できます。
太い毛・濃い毛もスピーディーにカットできるハイパワーですが、深剃りしない構造になっているのでデリケートな部分にも安心して使えます。 防滴仕様なのでバスルームで気軽に使えるのも魅力です。刃を浮かせればVゾーンの刈込にも利用できアンダーヘアを好きな形に整えることができます。

カミソリよりは楽だけど…もっと楽になりたい!というあなたへ

カミソリに比べて安全で使いやすいなど確かにシェーバーには多くのメリットがありますが、毛根から処理するわけではないのでやはりすぐに毛は伸びてきてしまいます。
そうなるとチクチクと嫌な感じがしたり、黒いポツポツが目立ってきて見た目にも気になります。

肌を傷つける心配は少ないものの、結局頻繁にお手入れしなくてはならない点は変わらず、決して負担は減らないのが残念なところです。 カミソリに不満を感じてシェーバーにしたのに、シェーバーにも不満が…あとはどうすれば?

サロンで脱毛してしまえは自己処理から開放

そんな悩みを解決するのがサロンでの脱毛です。肌表面に出てきた部分だけをカットするシェーバーでの処理に対し、脱毛は根元からするりと抜き去るうえ、毛の再生組織にもダメージを与え新しい毛が生えてきにくいようにします。回を重ねるごとに毛は少なくなり、新しい毛も生えてこなくなってやがて肌はつるつるに。毎日の負担だった自己処理からも解放されます。

ただ、腕やワキならともかく、肌が敏感なVIOゾーンとなるとサロンで脱毛を受けるのは不安だという方もいるのではないでしょうか。確かにVIOはデリケートな場所だけに、トラブルの心配も多いもの。 したがってサロン選びがとても重要になってきます。 VIOの処理はVIOの専門家に任せましょう。

プリートはVIO脱毛専門サロンとして豊富な実績を持っています。スタッフはたゆまぬ研鑽で高い技術を持っているのはもちろん、衛生管理やおもてなしにも気を配り、利用する方が安心できる環境を整えています。

デリケートな場所を人に任せるのは誰しも不安なものです。プリートのスタッフはそうした点も心得ており、利用する方の身になって親身なカウンセリングを心がけているので、どんなことでも安心してご相談いただけます。安心・安全に加え快適な脱毛を求めるなら、プリートへお越しください。

脱毛の知識(脱毛コラム)について

VIO脱毛専門サロンプリートの脱毛コラムでは、脱毛に関する基礎的な知識から意外な常識まで役立つ情報をコラム形式でお届けします。

VIO脱毛の専門サロンプリート代表の藤森暁子
脱毛コラム監修:藤森 暁子 ファンスクウェア株式会社 代表取締役
VIO脱毛専門サロン「プリート」運営、脱毛情報メディア運営。正しいVIOのケア方法を発信しています。
  • 22歳で脱毛サロンに社員として入社
  • 以後、店長・マネージャー・広告担当・事業部本部長を経験
  • 2017年、事業部独立により代表取締役社長に就任

人気の記事

開催中のキャンペーン

店舗一覧

プリートは東京・首都圏5店舗を展開中

店舗一覧はこちらへ

その他のお知らせ

エステ求人