【家庭用脱毛器って何があるの?】家庭用とサロン用の違いについて

秋・冬こそ脱毛の季節

忙しい毎日、サロンで脱毛したいけど自宅で安価に手に入る家庭用脱毛器は強い味方です。
でもどんな種類があるの?効果はあるの?自分にはどれが最適なの?わからない点は多数ありますよね。このページでは家庭用脱毛器の種類やそれぞれのメリット・デメリット、種類別のおすすめ機種など家庭用脱毛器について詳しく解説します。

家庭用脱毛器には多くの種類がある

家電量販店やネット通販などで取り扱われる家庭用脱毛器ですが「種類が豊富でどれを選べばよいのかわからない」と戸惑ってしまいます。多種多様な機種が発売されていますが、家庭用脱毛器は大きく4つの種類に分けられます。それぞれを詳しく紹介いたします。

(1)レーザー脱毛方式

レーザー脱毛方式は美容クリニックで施術される医療レーザー脱毛と同じ方式の脱毛です。医療レーザー脱毛は高い脱毛効果で注目されていますが、反面痛みが強いというデメリットもあり注意が必要です。

・メリット:脱毛効果が高い
・デメリット:痛みが最も強い、やや高額、クリニックに比べると効果は低い

(2)光脱毛(フラッシュ脱毛)方式

光脱毛方式は、多くの脱毛サロンで採用されているのと同じ方式で黒い色に反応する光を当てることで毛根とその周辺組織にアプローチし毛が生えにくくする脱毛です。レーザー方式に比べるとパワーは弱めですが、その分痛みが少ないく、機械の種類も多いため初心者や痛みに弱い方にとっては利用しやすい方式です。

・メリット:痛みが少なくバランスが良い。機種も豊富、値段も様々
・デメリット:サロンに比べると効果は低い

(3)サーミコン方式

サーミコン方式は肌表面に出ている毛を熱によって焼き切るもので、厳密にいうと脱毛というより「除毛」にあたります。カミソリで毛を剃ると切り口がシャープになるため毛が伸びてきたときにチクチクしますが、サーミコン方式で熱処理すると毛先が丸くなるため、チクチクする嫌な感じがないのが特徴です。断面積が小さいため、カミソリで剃ったときに比べて黒いボツボツが目立たず見た目もキレイです。ただし毛根からの処理ではないため、少し経つとまた毛は伸びてきてしまいます。
また、肌の凹凸部分には熱線が触れやすく火傷のリスクもあるので取り扱いには注意が必要です。

・メリット:痛みはない
・デメリット:毛先を焼き切る方式なのでまたすぐに毛が伸びてくる

(4)ローラー脱毛方式

ローラー方式の脱毛方法ではムダ毛を回転するルーラーヘットが絡めとり毛根から抜き取る方式です。レーザーやフラッシュのように光を肌に当てる痛みではなく毛を抜き取る痛みを感じます。痛みは毛抜きで毛を抜き取る時と同じと考えてください。

・メリット:サーミコン方式に比べ毛が生えてくるまでの時間が長い
・デメリット:脱毛効果はない。高速で毛抜きをする機械

光脱毛式の人気が高い

家庭用脱毛器には様々な種類がありますが最も人気があるのは光脱毛タイプのようです。
サーミコン式やローラー式のように一時的な除毛ではなくある程度の脱毛効果があることと、レーザー脱毛タイプより安価で機種も多いためバランスに優れているためだと思われます。

家庭用の光脱毛機とサロンの光脱毛は違うの?

家庭用脱毛器は手軽に扱えるため、サロンに通う必要がないと考える方もいらっしゃるかもしれません。
家庭用脱毛器とサロンでの脱毛にはどんな違いがあるのでしょうか。

最も大きな違いは脱毛器の性能

サロン用の脱毛器は専門的な訓練を受けたプロのエステティシャンが扱うものですが、家庭用脱毛器は当然のことながらそうした訓練を一切受けていない方が扱うことになりますので、「一般の方でも簡単に扱えるもの」でなくてはなりません。

そのため、安全性の観点から家庭用脱毛器はサロン用と比べて出力を抑えておりとなり脱毛効果も弱まります。もちろん価格を抑えるため機能も低くなってしまいます。

効果を実感するまでには時間がかかるため効果を実感できるまでの時間はサロンで施術を受ける場合に比べて長くかかってしまいます。

価格と大きさは桁違いに違う

家庭用のフラッシュ脱毛機は安価なものですと1万円程度から購入可能です。サロンで使用している脱毛器は数百万円以上と高額なものがほとんどです。

安全性と高機能を維持するため様々な機能がついており、大きくて重い機種も多くあります。大人の男性でも出し入れするには苦労します、移動用のローラを押して移動するか固定して使用します。

全身くまなく処理は至難の技

自分で脱毛を行う場合には手の届かない部位があることも大きな問題です。
ワキや腕・脚など届きやすいところはよいのですが、背中やVIOなどは手入れが難しくなります。背中は家族や友人に手伝ってもらう事もできますが、VIOとなると現実的ではありません。

加えて手入れの不備の問題もあります。特に腕や脚など範囲の広い部位ではスピーディーに作業しようと急ぐあまり、慣れない人では手入れがムラになってしまう恐れもあります。レーザーなど、光を当てるというのは簡単に見えても技術の必要なことであり、そのためにエステティシャンはしっかりとした訓練を受けているのです。

また、家庭での脱毛で一番心配なのが肌トラブルです。
低出力とはいえ肌に熱を与えるわけですから、方法によってはやけどなど怪我をする可能性がないとはいえません。冷却などの処理も自己流では不十分になる恐れもあります。家庭用脱毛器を使用する際は、こうしたケアまで考えて、より慎重に取り組む必要があります。

重視ポイント別おススメの脱毛器

どのタイプの脱毛器を選ぶかは仕上がりや好みにより異なります。

効果重視ならレーザーorフラッシュタイプ

とにかく効果を得たい!という方は「レーザー方式」か「フラッシュ方式」を選択してください。
サーミコン式・ローラー式は脱毛効果は毛を焼き切る・抜き取る方式でムダ毛の発生源となる毛根へアプローチをしていないため次回も同じ毛量・毛質の毛が生えてきます。

「光脱毛方式」はある程度の脱毛効果があり、痛みも少なめです。4種類のタイプの中でコストパフォーマンスや満足度も高く、初心者でも使いやすいこともあって人気もあり、機種も豊富に販売されています。

痛みを抑えたいならサーミコン方式

痛みを抑えたいという方なら「サーミコン方式」がオススメです。ただし毛根は残ってしまうので、カミソリで処理をした時と同じ程度でまた次の毛が生えてきてしまいます。

自分にあったタイプの脱毛器をチョイスすることが大切

このように家庭用脱毛器といってもさまざまな種類があります。どのくらいの期間や仕上がりの満足度を求めるのか、それぞれの脱毛方法のメリットとデメリットをしっかり把握したうえで、自分に合った脱毛方法を選びましょう。

タイプ別のおすすめ機種

タイプ別におすすめ機種をご紹介いたします。機能や効果を参考にしながら自分にぴったりな脱毛器を見つけましょう。

【レーザー方式】

BoSidin脱毛器

皮膚科医と共同開発したレーザー脱毛器です。IPL光子脱毛の強いパルス光は真皮内の毛包に吸収されると同時に熱エネルギーを発生させ脱毛効果を得られます。30万回という圧倒的なフラッシュ回数で、全身のお手入れなら12年分相当とコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

トリア/tria

初めて開発された家庭用レーザー脱毛器です。光脱毛では難しい髭の脱毛に効果があり、使用者の3割が男性という人気商品となっています。カートリッジの交換や照射用サングラスが不要ですから、自宅で簡単に始められます。

【光脱毛方式】

エムテックケノン

ムダ毛処理に革命「KE-NON」6連射機能
強い光を1回で照射するのではなく、6回に分けて連続照射する事で、肌への負担を軽減することを特徴としている。
10段階のパワーレベル調整が可能で、肌の状態、部位に合わせた安全な照射が可能日本人の肌に最適な光を照射する為、また、本格的な利用目的に応える為、高品質なフィルターを採用されています。ケノンはVIOにも使用可能となっています。 ただし、粘膜への照射はできません。

ヤーマン(YA-MAN) レイボーテ ヴィーナス プロ YJEA0L

家庭用脱毛器では珍しくお風呂で使える全身脱毛器。フェイスもボディもVIOも可能です。防水でコードレスなためお風呂で体を洗う→剃毛→光脱毛ができるので継続的に続けやすい。VIOはアタッチメントを変えるので衛生的にも安心です。医師監修のもとでVIOに適した光を照射するカットフィルターを搭載。さらに光を3連射に分割してやさしい脱毛ができるソフト照射モードも搭載されています。

パナソニック光美容器光エステ

額や頰など細かな部分に使えると女性に人気の脱毛器です。使うたびムダ毛が目立たなくなり、肌触りも良くなると口コミが広がっています。クイック式の充電機能でいつでもどこでも使えるのも便利です。

【サーミコン方式】

ノーノーヘア

肌に優しくダメージが少ないため、痛みや肌ダメージを最小限に抑えたい方にオススメです。 1箇所約2分程度でムダ毛を処理することが可能で、世界で400万台以上の販売実績がある人気商品です。

【ローラー方式】

ソイエ(panasonic)

大きなヘッドで広範囲の脱毛が可能なローラー式除毛機。
0.5mmの短い毛も抜き取り、入浴時に使うと肌が温まっているため毛が抜けやすく痛みを軽減可能、ボディソープを垂らすと泡立てながら優しく使用できます。

家庭用脱毛器はどの製品も安全に配慮されていますが、実際に使う際は使用上の注意を必ず守りましょう。特にVIO脱毛を検討されている方は取り扱いに注意が必要です。価格や効果を比較してあなたに合った脱毛器を見つけ、ムダ毛のないボディを手に入れましょう。

VIO脱毛ならサロン脱毛もおすすめ

自宅で手軽に扱える家庭用脱毛器ですが、うなじや背中などの自分では手の届かない部分やデリケートゾーンの脱毛が難しいというデメリットもあります。手の届かない箇所は家族や友人に手伝ってもらうことも可能ですが、デリケートゾーンの脱毛はなかなか人には頼めません。VIOは毛量が多く自己処理の方法がわからなかったり、万が一肌を傷つけてしまった場合など安全面でも不安の多い部位です。

そこでオススメなのがサロン脱毛です。サロン脱毛ならプロのスタッフが細心の注意を払って丁寧に施術してくれるだけでなく、自己処理する際のアドバイスなどもしてくれます。また、業務用の脱毛器は家庭用脱毛器に比べて効果が高いのも魅力です。

サロン脱毛のデメリット

サロン脱毛は施術が丁寧で仕上がりがキレイである反面、最初にまとまった費用が必要になります。空いた時間を使って手軽に取り組める家庭用脱毛器での脱毛と違い、サロンでは事前の予約が必要になります。

サロン脱毛の頻度は2〜3ヶ月に1回程度が一般的ですが、急な予定などでキャンセルしてしまうと次の予約が取りにくくなる場合も多いようです。そのため、脱毛期間中はしっかりと予定を建てる必要があります。

安くて手軽に取り組める家庭用脱毛器ですが、熱を使って毛にダメージを与えて脱毛する機器ですから、その分安全には注意しなければなりません。近年では海外製の脱毛器が普及し、価格の安さだけで脱毛器を選んでしまい、かえって肌を傷つけてしまう事もあるようです。

そのため、家庭用脱毛器よりは費用がかかっても、サロンでのプロによる脱毛がオススメです。

VIO脱毛専門サロンプリートのコラムでは、脱毛の基礎知識から意外な常識まで役立つ情報をコラム形式でお届けします。

VIO脱毛サロンプリート代表の藤森暁子
脱毛コラム監修:藤森 暁子 ファンスクウェア株式会社 代表取締役
VIO脱毛専門サロン「プリート」運営、脱毛情報メディア運営。正しいVIOのケア方法を発信しています。
  • 22歳でエステサロンに社員として入社
  • 以後、店長・マネージャー・広告担当・事業部本部長を経験
  • 2017年、事業部独立により代表取締役社長に就任

注目の記事

人気の記事