VIO脱毛中に見られるのは恥ずかしい?スタッフはどう思っているの?

VIO脱毛をしてみたいけれど、施術中にスタッフに見られるのが恥ずかしいと心配する人は少なくありません。実際にどのような手順で脱毛が行われるのかを知れば、恥ずかしさは軽減します。これから施術を受けたいと思っている人に向けて、VIO脱毛の手順や恥ずかしくない工夫がどう施されているかについてお伝えします。

VIO脱毛って恥ずかしくないの?

スタッフに見られるのは恥ずかしくない?

VIO脱毛を初めて受ける人は、緊張と恥ずかしさでなかなか目を合わせられない人が多い傾向です。しかし、実際にはあまり心配する必要はありません。プリートの施術スタッフは、脱毛の経験が豊富なプロ集団です。研修を含めてかなりの数の施術を経験して日々たくさんの人に接しているので、施術を受ける人が思うほど気にはしていません。

プリートは脱毛のプロとしての知識と技術を持って施術に当たっています。その人の要望に答え、できるだけ少ない回数・少ない痛みで結果につながるような配慮をしているのです。脱毛の悩みだけではありません。デリケートゾーンのかぶれや、臭い、色素沈着などの相談にものっているので、恥ずかしがらずに何でも相談してみましょう。

また、施術時も恥ずかしいと思う女性の気持ちに十分配慮されています。脱毛に関係のない部分は、肌を露出しないようにきちんと覆われます。毛が生えていない粘膜中心部なども、必要以上に見えないように細心の配慮をしたうえで慎重に施術が行われるので安心です。

恥ずかしくなく施術を受けられる工夫があるから大丈夫!

VIO脱毛では、「Oライン」「Vライン」「Iライン」など脱毛のデザインを決め、施術箇所を消毒してから専用コットンとタオルで冷却します。次に、それぞれの希望のデザインに合わせた脱毛が行われます。

施術の際は、紙ショーツ着用です。紙ショーツとガウンで肌を隠しながら、必要な箇所のみ覆いを取って施術するので肌の露出は最低限で済みます。たとえば、Iライン脱毛を行う際は、片側ずつ紙ショーツをずらしながら脱毛していきます。脱毛を行っていない部分はできるだけ露出しないように細心の配慮をしながら少しずつ施術していくので、デリケートゾーンを見られる恥ずかしさも軽減されるでしょう。

必要以上に恥ずかしがらず、プロに任せて安心の脱毛を!

VIO脱毛はデリケートゾーンの脱毛なので恥ずかしく感じることもあるでしょう。しかし、必要以上に肌を見られることはありません。施術中は脱毛部分だけが最低限出すようになっていて、脱毛しない部分はきちんと覆い隠されています。最初は心理的な抵抗が大きいかもしれませんが、回数を重ねているうちにだんだん慣れていくでしょう。スタッフには恥ずかしがらずに何でも聞いて、安心して施術を受けてくださいね。

脱毛の知識(脱毛コラム)について

VIO脱毛専門サロンプリートの脱毛コラムでは、脱毛に関する基礎的な知識から意外な常識まで役立つ情報をコラム形式でお届けします。

VIO脱毛の専門サロンプリート代表の藤森暁子
脱毛コラム監修:藤森 暁子 ファンスクウェア株式会社 代表取締役
VIO脱毛専門サロン「プリート」運営、脱毛情報メディア運営。正しいVIOのケア方法を発信しています。
  • 22歳で脱毛サロンに社員として入社
  • 以後、店長・マネージャー・広告担当・事業部本部長を経験
  • 2017年、事業部独立により代表取締役社長に就任

人気の記事

開催中のキャンペーン

店舗一覧

プリートは東京・首都圏5店舗を展開中

店舗一覧はこちらへ

その他のお知らせ

エステ求人