アンダーヘアをヒートカッターで自己処理!
どんなメリット・デメリットが?キレイに処理する方法も

VIO脱毛直後のおトイレ事情について

アンダーヘアを放置していると、蒸れたり、チクチクしたりなど不快感が募ります。
そのため、定期的な処理が欠かせません。自分で処理をする場合によく利用されるのがヒートカッターです。
このページではヒートカッターの利用にはどのようなメリットとデメリットがあるか?キレイに処理する方法についても解説します。

ヒートカッターとは?用途について

ヒートカッターという名前を初めて聞く方もいるかもしれません。
ヒートカッターは電熱で毛先を焼き切ることでムダ毛の脱毛処理する器具です。
似た自己処理方法としてはカミソリと近いですが、カミソリの刃ではなく熱くなった熱線を使って毛先を焼き切るため、毛先が尖らず丸く仕上がります。そのため下着から飛び出だり触った時にジョリジョリした感触にならずに自然に仕上げる事ができるの特徴です。

ヒートカッターでアンダーヘアを処理するメリット

今までカミソリや毛抜きを使って自己処理をされていた方もヒートカッターを使用することでカミソリ負けや毛穴がブツブツになる肌トラブルを解消できるかも知れません。使い方やメリット・デメリットを良く知って最適な自己処理方法を見つけてください。

【メリット1】毛先が尖らずチクチクしない

ヒートカッター最大の特徴は毛先がとがらずに丸い毛先に仕上がることです。そのため短くカットしてもチクチクしにくくなります。 毛が太くなりがちなVラインには適しています。また、ショーツから尖った毛が突き出たり、毛でもっこりする心配もなくなります。

【メリット2】負担が少なく肌トラブルを起こしにくい

他の自己処理方法に比べ、肌を傷つけることなく肌トラブルのリスクを避けることができます。アンダーヘア周辺の皮膚は、ほかの肌の場所より皮膚が薄く繊細なところになります。
そのため、ほかの肌の場所より細菌が入りやすいという不安があります。
細菌が皮膚に入ってしまうと肌の炎症だけではなく、痛みなどを引き起こす可能性もありますので、ヒートカッターを使用する時のメリットとデメリットを把握して、デメリットを克服するように気をつけることで肌への負担が気にならなくなります。

ヒートカッターで自己処理するデメリットと注意点

ヒートカッター利用のデメリットは大きく3つ挙げることができます。

【デメリット1】カミソリで剃ったようなツルツルにはなりません。

ヒートカッターによる自己処理の場合は、毛先を焼き切る処理になりますので焼ききれなかったムダ毛は肌の表面から露出しています。 カミソリや毛抜で処理したような無毛状態にはなりません、あくまでも毛の長さを短くする自己処理となります。 また、毛先が丸くポコッとした形となるため、自然な体毛に比べて不自然な印象を受けてしまいます。 場合によっては、蛋白凝固によって白っぽくなってしまい不衛生に見えることもあります。

【デメリット2】脱毛時に陰毛を焼く臭いがでる

ヒートカッターを使って毛を切ると、髪の毛をライターの火で焼いた時に発生するような特有の焦げた臭いが発生してしまいます。一人暮らしでない場合全く気づかれずに処理するのは難しいかもしれませんので、バレたくない場合にはしっかり換気をするか消臭スプレーの使用がおすすめです。

ヒートカッターで処理した後にすぐ下着をつけると焼き切れた陰毛が肌や下着内に残ってしまいます。すぐに濡れタオルで拭き取るかシャワーを浴びてしっかり 落としてください。

【デメリット3】脱毛に時間がかかる

ヒートカッターで処理できる陰毛は1回で5本〜10本程度です。 アンダーヘアの量は個人により大きく異なりますが、1,500本〜5,000本、多い方だと1万本近くあると言われています。VIOを含むアンダーヘア全体をカットをするのには1時間近くかかることになります。 短くカットした陰毛は何度も伸びてくるので、定期的に自己処理し続けなければなりません。そのたびに長い時間をかけて処理することになります。

このように、ヒートカッターによるアンダーヘアの自己処理にはメリットがあるものの、デメリットもあります。

ヒートカッターの種類

ヒートカッターにも幾つかの種類がありますが、どれも「熱線を熱くして毛を焼き切る」という機能は共通です。 大きく分けてと以下の2種類があります

1.電池式の小型タイプ(ボタンを押したときだけ熱くなる)
2.バッテリー式の強力タイプ(常に熱くなる)

電池タイプのヒートカッター

電池タイプのヒートカッターは小型で使いやすいのが特徴ですが電池を交換して使用する必要があります。 電池の消費を抑えるためボタンを押している間だけ熱線が熱くるタイプが多いのが特徴です。 サイズは太めのボールペン程度と小さく、持ち運びやすいので旅行に持っていく場合やコンパクトに収納したい方におすすめです。また充電式に比べると熱力が弱くなりますが、価格は安い商品が多く種類もたくさんあります。

バッテリー(充電)タイプのヒートカッター

バッテリー式のヒートカッターはアダプタのコンセントに差した状態で充電して使用します。充電器できないタイプは常にコンセントに差しながら使用する必要があります。 このタイプのヒートカッターは本体に充電するバッテリーを内蔵しているため電池式に比べて本体が大きくなってしまいます。男性の電動ひげ剃り程度の大きさがあり、片手でしっかり握って使用します。

給電している間、常に熱線が熱くなっているタイプが多いので電池式のように常にボタンを押しながら脱毛する必要がなくパワーも強めなのでしっかり脱毛したい、という場合におすすめです。

ヒートカッターは修理可能?

ヒートカッターで最もよくあるトラブルは熱線が故障することです。使用していくうちに熱線部分が経年劣化して切れにくくなったり断線してしまうことがあります。
ヒートカッターには熱線の故障時に交換できるタイプとできないタイプがあります。 熱線の張られたカートリッジを交換できるタイプなら取り替えるだけで長期間使用可能です。 このタイプであれば、電動歯ブラシの毛先を交換する感覚で利用できるため、不調の場合も修理依頼する必要もなく手軽に利用できます。

安価な商品にには熱線の交換ができないタイプが多く壊れたら使い捨てと考えてください。 また、製造会社に送ることで熱線の交換が可能になるという商品もあるようですので、必要に応じてメーカーに問い合わせ・修理をおこなうことができます。

夏場など決まったシーズンのみ使用するのではなく、日常的に陰毛処理をするという人にとってはコストも抑えられるので気になる場合はメンテナンス性を確認してから購入しましょう。

ヒートカッターのおすすめ9商品徹底調査!商品レビュー

ヒートカッターでアンダーヘアを自己処理したいけど、どのヒートカッターを選べば良いのか分からない、という方のためにネット通販で購入できるアンダーヘアの処理におすすめのヒートカッターを紹介します。

1.JMYAP ヒートカッター Vライントリマー

カミソリでアンダーヘアを処理している人も多いのではないでしょうか?手軽に処理ができるのはメリットですが、肌への負担は大きいものです。処理をした後、かゆみを伴うことも多いでしょう。何度もカミソリで処理をすれば色素沈着を起こして黒ずみができてしまうことも。デリケートな肌には負担をかけない優しい処理方法が必要です。

JMYAP ヒートカッター Vライントリマーならその心配は必要ありません。熱で毛の先端を焼き切るのですが、焼き切った後の先端は丸くなるので処理後のチクチクはありません。高温になりますが先端がダブルコームになっていて、発熱線と皮膚の間は0.7~1cm離れています。そのため肌に直接あたらないので安全です。正しく使っていれば火傷の心配はないでし、付属品のミラーを本体に取り付ければ、確認しながら処理ができるのも便利です。鏡の角度も変えられて、LEDライトで明るくなるので見やすく、キレイに処理ができます。

温度の高さは200~300度。そのため処理スピードも高く、10分程度で処理が可能です。ダブルコームは短列のコームと比べて約2倍の速さで処理が可能です。乾電池2本で使うタイプなのでコンセントなども必要なく、携帯にも便利です。

2.【ラブコスメ公式】Vライントリマー

ムダ毛処理はできるだけ時間をかけずに済ませたいものですよね。特にアンダーヘアのお手入れはスピーディに行いたいもの。Vライントリマーならそんな要望を叶えてくれます。その理由の一つがカット部分の幅が広いこと。カット幅が広がることで、一度にたくさんのムダ毛を処理しやすくなりました。 処理したい毛をつまんでクシの部分に通してボタンを押しながら焼き切るだけ。使い方も簡単です。スパッとカットできるのもスピーディに処理ができる理由です。手にしっくりくるフォルムで使いやすいのもメリットです。見た目もかわいいですよ。肌に熱くなった部分が触れることはないので、安心して使用できます。 処理をしていると刃が傷んできますよね。そのまま使い続けるのはNGです。肌にダメージを与えてしまい、不衛生でもあります。替えの刃が2枚ついているので清潔に処理ができるのもメリットです。充電式なので電池の交換も必要ありません。 Vライントリマーはアンダーヘア専用のヒートカッターです。そのため、アンダーヘアの処理がしやすいフォルムであったり、処理スピードが早く楽に処理ができたりと、さまざまな工夫が施されています。処理をした後もキレイな仕上がりに満足できるでしょう。

3.シルキーケア ヒートカッター

ビキニライン専用のヘアカッターです。クシの刃と熱線の間隔が狭いため、処理をした後に残る部分が短いため、仕上がりがきれいなのが魅力です。処理をした後の毛先も丸くなるので、カットした後のジョリジョリした不快感もありません。もちろん、下着から毛がはみ出るということもないですよ。

ムダ毛をクシに挟んで処理をしていくだけなので、毛の量が多くても太い毛でも処理ができます。処理をする際に痛みを感じることも、熱くて火傷しそう、といったこともありません。安全設計なので火傷の心配もなく安心して使用できます。ムダ毛を処理することで、スッキリすると同時に蒸れることがなくなるので衛生的。月経のときなどの不快感も軽減できます。

ペンタイプなので持ちやすく、処理がしやすいのもメリットです。重さもたったの32g。軽くてコンパクトなので処理をしていて手が疲れる、ということもありません。直径2.1cm、長さ15.7cmでバッグに入れても邪魔にならないサイズなのもうれしいですね。いつでもバッグから取り出せてサッと処理ができるので、急に処理が必要になったときでも安心です。

4.パナソニック エチケットカッター ビビッドピンク

眉毛や鼻毛、口の周りの気になる毛などをキレイに処理ができるエチケットカッターです。刃先を処理したい部分にあてて動かすだけで、スッキリキレイに処理ができます。処理したい毛は残さず処理ができるので、何度も刃を肌にあてる必要がないので肌への負担もほとんどありません。そもそも刃が直接肌に触れない設計になっているので安心。今までカミソリや電気シェーバーで肌荒れを起こしていた、という人も安心して使えます。

何度も使っていると肌にダメージを与えてしまうので刃のお手入れも必要です。エチケットカッターは刃を簡単に取り外せて水洗いができるので便利。ハンドソープで洗えるので常に清潔な状態でお手入れが可能です。掃除用ブラシもついているので、ササッと掃除ができるのも便利ですね。

高さが14.6cm、幅が2cm、奥行2cm。ペンのようなスリムな形状で持ちやすいので手入れがしやすいのもメリット。見た目もスタイリッシュ。まるでオシャレなメイク用品のようなフォルムです。重さも約37gという軽さです。化粧ポーチに入れて持ち歩けるので気になったらいつでも簡単にムダ毛処理ができますよ。充電式電池も使用可能です。

5.audorx Vライントリマー VラインヒートカッターRH-1801

累計販売台数2万台を突破しているヒートカッターの定番商品とも言えるのがaudorxのヒートカッターRH-1801です。
有名なデザイナーと協力して開発されたアンダーヘア専用のヒートカッターです。
ヒートカッターを使用する上で不安に感じる人が多いのが、使用中にやけどしたりしないのかということです。
熱線で焼き切るので、皮膚に当たったらやけどしてしまう可能性は高いので、そういった不安を持つのは当然でしょう。
しかし、RH-1801はダブルコームデザインを採用しており、発熱線と皮膚との間を0.7から1センチメートル離す構造となっています。
直接肌に直接触れることがなく、やけどの心配がないので安心して使えるヒートカッターです。

処理速度に関しては、高品質ABS材料を採用し温度は200℃から300℃に達するため、5本から15本のアンダーヘアを一気にカットすることが可能です。
そのため、1回10分前後で完了と非常にスピーディーな処理ができます。
RH-1801は单3形乾電池2本で動作しますので、コンセントなどがない場所でも問題なく使用することができます。
また、付属のミラーを本体に取り付けることができますので、確認しながらの処理ができるため失敗のリスクが大幅に減少します。
LEDライトも搭載されているので暗い場所での処理も安心です。

6.ラヴィア Vライン トリマー ピンク


ビキニライン専用のヒートカッターです。ピンク以外にもオレンジやグリーン、ホワイトなどのカラーバリエーションがあり好みのものを選ぶことができます。アルカリ単3電池で動作する商品ですが、電池を入れていない状態の重量はわずか28グラムと非常に軽量なのが特徴です。毛先を丸く処理することが出来るので下着から飛び出さないで済むというだけではなく、付属のアタッチメントコームを使用することで自然で清潔感ある7ミリ程度の長さに切り揃えられるのもこの商品の特徴です。スイッチを押しながらカットしていく使い方なので、正しく使うことで無駄な電池消費やクシ部分が過熱してしまうことを防げます。

7.ラヴィア ボディケアシリーズ Vライントリマー フローラ 5001-22


vio処理用のヒートカッターは1度に処理できる範囲が狭い商品が主流ですが、こちらの商品はくし部分が広く陰毛の毛質が硬めで悩んでいるという人や陰毛の毛量が多いという人でもスピーディーに処理ができるタイプのヒートカッターです。くし部分は広いですが、ヒートカッターそのものの大きさは手のひらサイズなので女性でも扱いやすいサイズです。充電して使用するタイプのヒートカッターで、1回のフル充電で最大約30分使用することができます。30分使用する事はできますが、安全のために15分で1度電源が切れるので電源を切り忘れたという時に便利です。

付属品も充実しており、掃除をする時に便利な専用の掃除用ブラシや本体などを収納することが出来る可愛いポーチもあります。交換刃も付属していますが、この交換刃は日本製ですので安心して使用することが可能です。

8.Vラインヒートカッター ルパ


高コスパのヒートカッターとして口コミ評価も高いのがアトラス工業の「Vラインヒートカッター ルパ」です。単3アルカリ乾電池は別売りとなっていますが、この価格で専用ポーチと専用掃除ブラシがセットになっているのはポイント高いでしょう。全部で10色のカラーバリエーションがあり、好みのものを選ぶことが可能です。機能面でも LEDライトが内蔵されているため細かい所の処理や、暗いところでの処理でも安心して使用することができます。また、安全性についても熱線をクシがガードしているため直接肌に触れない安心設計でやけどのリスクが低くなっています。本体の直径も20.8ミリとスリムなので、女性の小さな手にしっかりとフィットするデザインです。

9.ビキニラインケア Soffy(ソフィー)

樹脂コーム付のヒートカッターが富士パックス販売「Soffy(ソフィー)」です。このヒートカッターの最大の特徴とも言えるのが、角度調整ミラーLEDライト付きであるということでしょう。どうしてもアンダーヘアの処理は見えにくかったり、暗くなってしまったりで失敗しやすかったりします。しかし、ソフィーに搭載されている角度調整付ミラーは3段階に角度を調節することが出来るので、見えにくくて失敗してしまったなどというリスクを大幅に減少させることができます。LEDライトに関しても、コームのすぐ下に付いているので、カットする場所をダイレクトに照らしてくれるので便利です。樹脂コーム採用なので肌にも優しく処理することができます。

処理のタイミングは人それぞれ!基準は3cmの長さにしましょう

アンダーヘアを処理するタイミングは人によって様々です。毛の量、長さ、生え方、太さなどには個人差もあるため、誰かの基準を参考に処理サイクルを決めることはできません。したがってVIOの処理サイクルは、自分の毛質と相談しながら決めることになります。ただ、一般的にアンダーヘアは3cm以上になると下着からはみ出すようになるといわれています。どのタイミングで処置すべきか悩んでいる人は、下着からはみ出さずに済む、3cmの長さを基準にして決めるとよいでしょう。残す毛は短くなりすぎないように注意します。アンダーヘアはあまり短くカットしすぎると、ナチュラル感が損なわれ繊維の間から毛も飛び出してくるようになるからです。

自己処理の手順と事前準備を紹介!自己処理は無理のない範囲で行いましょう

ヒートカッターを使ったVIO処理には1時間以上かかる場合もあるので、自己処理はできるだけゆとりのある日を選んで行います。カットは手鏡や椅子などがあると便利です。さらに万が一のヤケドに備えて氷なども用意しておくようにします。処置する場所はリビングなどのように、水気の無い部屋を選ぶことが大切です。お風呂場のように湿度の高く水がかかる恐れのある場所だと、ヒートカッターが故障したり、あやまって感電したりする可能性もあるので注意しましょう。また、熱を利用するヒートカッターは、毛が濡れた状態だと上手くカットできません。そのためカットは入浴前に済ませることも大切なポイントになってきます。アンダーヘアの自己処理は、VラインとIラインの外側部分だけに限定します。Iラインの内側やOラインは目視確認が難しいことに加えてヤケドなどの危険性も非常に高い部分です。こういったデリケートな部位は、サロンなどで依頼するようにしましょう。

Vラインを処理する前には下着を履いて毛が出るラインを確認します。そのうえで、カットする長さと範囲をイメージしましょう。イメージが固まったらアンダーヘアの毛先をつまんで、ヒートカッターのコームに通します。毛先は余裕をもってカットするのがコツです。一気にやろうとすると短く切りすぎてしまったり、全体のシルエットが狂って不格好になったりすることもあるので注意します。残す毛は3cm程度が目安です。カットするごとに適宜、残った毛の長さを確認するようにしましょう。短くカットしたい場合でも1cm以上の毛は残すようにします。それ以下の長さまでカットしようとするとヤケドする危険性が出てきます。ヒートカッターを使った自己処理は、あくまで毛先をカットするものだと割り切って、あまり無理に短くしないようにしましょう。

Iラインのカットは小陰唇の外側までです。内側部分は形状も複雑なので自己処理はしないようにします。Iラインを処理する事前準備では、床に座って股を開き、しっかりと姿勢を安定させることが何よりも重要です。毛の状態がよく見えない場合は、股の間に鏡を置いて確認します。時折姿勢を変えて、鏡に跨るようにして毛の状態を確認するのもおすすめの方法です。毛の生えている場所と長さを確認したら、Vラインを処理するときと同様に毛先をつまんでカットします。下着や水着から毛がはみ出ないラインをイメージし、その部分の毛をカットしたら自己処理は終了です。自己処理中にもしも熱さを感じたら、すぐに肌からヒートカッターを離すようにします。デリケートな部分なので、熱さを感じた時はたとえヤケドはしていなくても、氷などでアイシングすることも忘れてはいけません。

ヒートカッターでキレイに処理する方法

ヒートカッターを上手に使用するにはメリットとデメリットを把握しておくことが大切です。

肌と陰毛を清潔にしておく

ヒートカッターを使用する場合は事前に洗浄して肌をムダ毛を清潔にしておきましょう。ムダ毛が長く絡まっている場合にはブラッシングしてましょう。 ヒートカッターの熱線は200℃〜300℃の高温となります、直接触れてしまう危険性は少ないですが肌まで数ミリまで接近しますので肌を保湿して潤いをもたせておきましょう。 また直前に皮膚に刺激を与えるようなゴシゴシ洗いは避けましょう。 毛の処理をする前に、この手順を踏むことによって雑菌が皮膚に入り込んで引き起こす皮膚の炎症を抑えることができます。

少しずつ処理する

ヒートカッターを使用する場合は少しずつ処理することが大切です。 一般的に1回に処理できるのは陰毛で5〜10本程度です。 早く脱毛したい!と一度に多くのムダ毛を挟んでしまうと、スムーズに熱が伝わらなかったりヒートカッター本体に毛が挟まってしまい均一に処理できない、肌に熱線があたって火傷をしてしまう危険もあります。 肌トラブルを避けるためにも少しずつ挟んで処理しましょう。

見えにくい部分は鏡を使う

Vラインの手前は鏡がなくても目視で処理できますが、性器周辺のIライン近くになると直接見ることができなくなります。このくらいかな?と適当に使用すると肌に押し込みすぎて火傷したり処理できていない残り毛がでてしまう可能性があります。商品によっては小さな鏡が付属しているヒートカッターもあります。鏡を利用して正確・安全に処理しましょう。

ヒートカッターの使用後は肌をしっかり保湿しましょう

せっかくヒートカッターで綺麗にしたのですから、お肌が荒れないようケアすることが大切です。ボディローションやベイビーパウダーなどを使用することによって肌のコンディションを整え、毛だけではなく肌の調子も整えることができます。

慣れてしまえば気にならないという人もいますが、長年続けると、しだいにアンダーヘアの毛1本1本が太くなり、より見た目を悪くさせ、実際は毛量が少ないのに多く見えてしまうという場合もあります。
ヒートカッターを使用する場合は注意点をはじめ、メリットとデメリットを理解しましょう。
自分で行う場合は最善の注意が必要です。一方で、サロンでヒートカッターを使用した方法で行う場合は、アンダーヘアの処理に慣れた専門のスタッフがいますので心配する必要は少ないでしょう。
専門のスタッフがカウンセリングをはじめ、毛の処理から肌の保湿、最終的なケアまで行ってくれますので不快感も少なくすみます。

ベストなアンダーヘアの長さは?

アンダーヘアは見た目以外にも衛生面にも影響を及ぼしますので、ボディケアのためにも適切な長さに整えましょう。
理想の長さは3cmが目安とされています。
3cmは適度にデリケートゾーンを守り、下着からもはみ出さない、自然に見えて清潔を保てる最も使い勝手がいい長さです。
しかし、アンダーヘアは平均的に1日約0.2mm程度伸びてしまいます。
処理をせず伸ばし続けると7cmほどまで伸びることもあるとか。
審美的にも衛生的にも5日に1回は長さの調整を行う必要がありますね。

アンダーヘアはVライン、Iライン、Oラインの3ヶ所に分けられます。
Vラインは両足の足の付け根の部分です。下着からのはみ出しがとても気になる場所ですね。
アンダーヘアは3cm残しておくことで不必要ならお手入れすることも容易ですし、伸ばせばデザインを変えるのに便利です。
あまり短いとチクチクとしたり下着から飛び出たりしてしまいます。
Iラインは女性器周辺の部分です。毛量の多い人ほど陰部が蒸れて衛生的に悪い状態になりやすいため、雑菌の繁殖や嫌な臭い発生防止のためにも綺麗にしたいですね。
デリケートゾーンですから衛生面を考慮し整えておきましょう。
Oラインは肛門周辺の部分です。蒸れや臭い、かゆみ防止といった清潔のキープのためにもアンダーヘアの調整は理想的です。

まとめ!まずは自己処理をしてみよう

ヒートカッターでの自己処理にはメリットだけでなくデメリットもあります。
しかし、簡単な処理であれば、ヒートカッターでも十分に処理して解決することが可能です。
そのため、まずはヒートカッターでの自己処理を試してみましょう。
ヒートカッターでは処理が不十分と感じるようであれば、エステ脱毛を利用してみてください。
自分でキレイに処理ができる商品もいろいろありますが、プロの処理を受ければ自己処理のわずらわしさから解放されます。プリートはVIO脱毛の専門サロン。18年以上の実績があり、安心して施術ができる脱毛サロンです。

脱毛の知識(脱毛コラム)について

VIO脱毛専門サロンプリートの脱毛コラムでは、脱毛に関する基礎的な知識から意外な常識まで役立つ情報をコラム形式でお届けします。

VIO脱毛の専門サロンプリート代表の藤森暁子
脱毛コラム監修:藤森 暁子 ファンスクウェア株式会社 代表取締役
VIO脱毛専門サロン「プリート」運営、脱毛情報メディア運営。正しいVIOのケア方法を発信しています。
  • 22歳で脱毛サロンに社員として入社
  • 以後、店長・マネージャー・広告担当・事業部本部長を経験
  • 2017年、事業部独立により代表取締役社長に就任

注目の記事

人気の記事

開催中のキャンペーン

店舗一覧

プリートは東京・首都圏5店舗を展開中

店舗一覧はこちらへ

その他のお知らせ

エステ求人