HOME>脱毛コラムTOP>意外と知られていない陰毛・陰部(VIO脱毛)の自己処理のデメリット
脱毛コラム

意外と知られていない陰毛・陰部(VIO脱毛)自己処理のデメリット

最近では、陰毛・陰部の処理も一般的になり、自己処理で済ませる方も増えているようです。しかし、安易な自己処理は、キレイに処理できないばかりか、肌トラブルを引き起こすといったデメリットも多くあることはあまり知られていないようです。自己処理で、どのようなデメリットが考えられるのでしょうか。


■ダメージによる肌トラブル

肌が乾いた状態でカミソリを使ったり、皮膚に埋まっている毛を無理に抜いたりすると、肌の表面が傷つき、炎症など肌トラブルに繋がります。カミソリで剃る処理の場合は特にすぐに毛が伸びてしまうので、短期間で何度も肌にダメージを与えることになります。また、ワックスやクリームを使った処理の場合、肌に合わなければかぶれなどを引き起こすことも。

■埋没毛

毛抜きで処理している場合に多く見られるトラブルが埋没毛。毛が再生するよりも早く皮膚が再生してしまうことで毛穴がふさがれ、皮膚の中で毛が再生してしまう状態です。埋没毛があると、まるで剃り残しがあるかのように肌が汚く見えてしまいます。一度発生するとセルフケアでは治すことが難しいため、注意が必要です。

■黒ずみ・色素沈着

陰毛・陰部の自己処理を繰り返し行っていると、その刺激や炎症でメラニン細胞の働きが活発になり、メラニン色素が過剰に分泌されます。それにターンオーバーでの排出が間に合わなくなると、肌に色素が残り、黒ずみになります。

■毛嚢炎(もうのうえん)

無理に太い毛を抜いたりすると、毛穴につながる毛細血管が傷つき、毛根周りが赤くなったり腫れてしまう毛嚢炎を引き起こすことがあります。

キレイな見た目を目指すムダ毛処理ですが、間違った自己処理ではかえって肌が汚くなってしまうことも。後悔する前に、処理方法を今一度検討し直してみましょう。

アンダーヘアの形が大事

プリートではアンダーヘアデザインカタログをご用意しております。
「どんな形が人気なの?」「みんなはどうしてるの?」など友達にも聞きにくい事もプロのエステティシャンにご相談ください。

ハイジニーナ脱毛料金比較表

店頭では、その他のデザインも選べるアンダーヘアデザイン集をご用意しております。
「みんなどんな形にしているの?」「人気の形やデザインは?」など気になる点はなんでもエステティシャンにご相談ください。

脱毛大手サロンとプリートの比較

プリートと美容脱毛大手サロンの価格と脱毛範囲を比べました。

ハイジニーナ脱毛料金比較表

脱毛について気になること・疑問点はご納得いくまでご質問ください。無料でテスト脱毛(パッチテスト)もご利用いただけます。

無料カウンセリング

開催中のキャンペーン

店舗一覧

プリートは東京・首都圏5店舗を展開中

店舗一覧はこちらへ

よくあるご質問 感想投稿フォーム お友達紹介特典

脱毛コラム

デリケートゾーンの黒ずみ
黒ずみを解消するには?原因と方法を紹介

その他のお知らせ

エステ求人