HOME>脱毛コラムTOP> ムダ毛のセルフケアの問題点
脱毛コラム

ムダ毛のセルフケアの問題点

むだ毛の処理で取りあえず行うのが自宅でのセルフケア、皆さん経験ございますよね?
今回はそのようなむだ毛のセルフケア(自己処理)において気をつけたい点を紹介したいと思います。

カミソリ

自宅で脱毛というと、一番お手軽なのはカミソリでのむだ毛処理、費用もシェーバー台くらいでお手頃価格、お風呂でジョリジョリとできるのでお手軽な脱毛法といえます。

しかし、皮膚にはターンオーバーと言うサイクルがあります。 ターンオーバーとは表皮の新陳代謝、生まれ変わりのことをいいます。 表皮細胞が基底層で新しく生まれて、約28日かけて角質細胞となります。 角質細胞は下からせり上がってきた新しい角質に追われるように最後は垢(あか)となってはがれ落ちます。このサイクルをターンオーバーといいます。

カミソリを使用することで、28日周期の角質層に負担をかけて、まだ剥がれてはいけない角質をそぎ落としてしまう可能性が高くなります。
そうなることで、皮膚を傷めたり、剃刀負けしたり、脱毛した毛穴に細菌が入り化膿して毛嚢炎になったりする人は多いです。 傷跡が色素沈着し、黒くくすんでしまう原因になります。

電気シェーバー

刃が電動で動いて毛を剃ってくれる電気シェーバー、費用はカミソリよりもかかりますが、カミソリよりずっと安全です。 しかし基本的にはカミソリなので、電気シェーバーによる脱毛の問題点はカミソリと同様です。

何度も脱毛を繰り返すと、皮膚が傷つき、再生するために新しい皮膚が作られます。その皮膚に跡が残ってしまうこともあり、もとの皮膚よりも硬い皮膚になってしまいます。この下に新しい毛が生えてくると、皮膚の外に出られずに埋没毛になってしまうケースも少なくありません。

毛抜き

とても手間がかかりますが、毛根から抜くので、カミソリより次のお手入れまで自己処理が不要になることでも多くの方が行う自己処理法です。

しかし、この処理法はカミソリで処理する場合よりも、肌トラブルが残ります。 毛穴の開き・毛穴が盛り上がり突起上になる・色素沈着・毛穴周りが赤く炎症の様にブツブツが残るなど多くの肌トラブルがあります。
また、毛を抜く途中で切れてしまい、その毛が埋没毛(イングローヘアー)となり皮膚内で成長する為、皮膚をほじって抜きとりさらに肌を傷めるなど、肌トラブルが多い処理法です。

このようにムダ毛のセルフケア(自己処理)には、お肌トラブル の危険性があります。 せっかくムダ毛を処理してキレイなお肌にしようと思っても肌自体を痛めてしまう危険性があるのです。

脱毛について気になること・疑問点はご納得いくまでご質問ください。無料でテスト脱毛(パッチテスト)もご利用いただけます。

無料カウンセリング

開催中のキャンペーン

店舗一覧

プリートは東京・首都圏5店舗を展開中

店舗一覧はこちらへ

よくあるご質問 感想投稿フォーム お友達紹介特典

脱毛コラム

その他のお知らせ

エステ求人